FC2ブログ
北海道のユースホステルの最新ニュースです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月11日(日)、小清水はなことりの宿YHでは「おばあちゃんの糖蜜作り」を行います。

小清水町およびオホーツクの代表的な農産物であるビート(てんさい)は、砂糖の原料となります。
普段、日常的に口にしている砂糖。でも、実際にビートを手に取って見たり、味を確かめたりしたことのある人は少ないはず。
また、昔、物が少なかった時代、砂糖が貴重だった時代には家庭でビートの砂糖分を煮出し糖蜜を作っていたそうです。
今回は、この身近なようで、作物としては身近に触れることのないビートを使って、農家のおばあちゃんが作っていた昔ながらの方法で、糖蜜を作り、オホーツクの主要作物である「ビート」と砂糖についての理解を深めます。
糖蜜試食用に、小清水産小麦「春よ恋」を使ってパンも手作りするよーーー。

主催:大人と子どもの食育を考える会
後援:小清水町
日時:2009年1月11日(日)午前10時~夕方6時頃(完成まで)
場所:小清水はなことりの宿YH
参加料:600円(保険代+昼食代)
持ち物:エプロン、三角巾
申込:1月7日までにはなことりの宿までお電話にて(0152-63-4500)
    小学4年生以下は保護者同伴、定員になり次第締め切ります。
なお、当日ご宿泊の方の夕食は、普段のお食事とは異なりますので、ご了承ください。
詳しくは、はなことりまで
小清水はなことりの宿YH
斜里郡小清水町浜小清水137番地4 TEL 0152-63-4500

おばあちゃんの糖蜜作り
スポンサーサイト





  
NEW / TOP / OLD

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。